17歳の死に思う

体罰を苦に亡くなった大阪の高校生の死を悼み、ご両親の辛さを想像します。
心からご冥福をお祈りいたします。
 
さてスポーツの指導に体罰は必要だろうか?
 
指導した顧問は、強い部を作るためには「体罰は必要」と考える人だった。
遺族に謝罪した橋下市長は、「僕はスポーツの指導の中で手を上げるということも場合によってはあり得ると思っていましたが、今は考え方を改めなければいけないと猛反省している」
と言ったとのこと。ではお言葉どうり、二度と体罰でこどもが自殺することのない大阪にしてください。
 
再び問う、スポーツの指導に体罰は必要だろうか?
オリンピック選手達の中には体罰で強くなった人っているのだろうか?
 
私は真央ちゃんが好きで彼女の演技はよく見ている。
思うような演技ができず、苦悶する真央ちゃん、納得いく演技ができたときのはじける笑顔、真央ちゃんスマイル。
あの笑顔を見ると、見ているこちら側もうれしくなる。
あんな笑顔、体罰での指導ではできないのではないか。
 
一流選手の対戦相手は自分自身。
自分とたたかっている。
 
それに必要な指導は、体と技術に対して、正確で科学的な指導ではないだろうか。
体罰が有効と考える指導者には正確で科学的な指導ができないのではないだろうか。
 
正確で科学的な指導をしようと思ったら、指導者自身が相当研鑽を積まなくてはならない。
自身が努力してレベルの高い指導者になることを考えないと体罰に頼るようになるのではないだろうか・・・??
 
自殺した高校生は、バスケットがしたかった。もっとうまくなりたかった。しかし、彼の希望にかなう指導がなかった。のではないだろうか。
 
顧問の先生は彼と語りあわなかったのだろうか。
 
目標はどこにしよう。インターハイで優勝して日本一になろう。そのためには、どんなチームになる必要があるだろうか。
どんな練習が必要か。失敗を重ねてやっと、到達した技術を共に喜び会うことはなかったのだろうか。
 
顧問がまだ「強いチームを作るには体罰は有効」との持論を捨てないのなら、この生徒は浮かばれない。
第二、第三の自殺者がでるだろう。
 
生徒の命が守れない大阪市では、住んでる市民も困る、一事が万事という言葉もあるし・・・。
 
なぜこのような指導が大きな顔をしてまかり通ることになったのか、今後どうするのか。
すべてを明らかにしてほしい。